MENU

主婦でも分かる、借入の利息の仕組みと計算方法

借入をすると、もちろんのことですが、返済の義務と利息が発生します。
借入の種類や金融業者によって、利率が異なってきます。
借入を受ける際には、きちんと返済計画を立てて利用することをお勧めします。
利息の負担が多くなって、家計を苦しくしてしまうということもありえます。
返済利息を計算する際には、借り入れの残金に対して一定の返済利率を乗じて算出します。
したがって、できるだけ前倒しで借り入れ金残高を減らしていく方が、負担を減らすことにつながります。
業者の中には借り入れ残高に応じて利率が変動するような設定をしているところもあるかもしれませんので、借り入れを受ける際にはきちんと返済にかかる情報を理解しておくことが肝要です。

 

借入金の返済方式の一つ・元利均等返済方式について

私は、住宅ローンの借り入れを利用したことがあります。
今から5年ほど前のことですが、借入をするのはそれが初めての経験でした。
返済方式の選択肢に、元利均等返済方式と元金均等返済方式があり、私は前者を選択しました。
元利均等返済方式は、毎月の支払い金額が変わらず、その金額の利息相当部分と元金返済部分の割合が変動するタイプです。
この方式のメリットは、毎月支払い金額が変わらないので、家計の計算がしやすい点です。
デメリットとしては元金均等方式と比べて、トータルの利息負担額及び支払い金額が大きくなってしまう点です。

 

元金均等返済方式によるキャッシング借入れの返済

キャッシング残高を早く減らしたい、金融会社に支払う金利手数料を極力抑えたいという人に勧めたい返済方法です。
元金均等返済方式とは、毎月または定期的に行う借入金の返済方法のことで、具体的には返済する元金を毎回同じにするという方法です。
なぜ、毎回支払う元金を同じにすることで、キャッシング残高が早く減ったり、金利手数料が抑えられるのかというと、キャッシングの借入金にかかる金利手数料は残った元金に対して、かかってくるので、毎月決まった元金を返済していれば、予定通りに元金が減り、支払う金利も毎月減っていくためです。
しかし、良いことばかりではなく、支払開始当初は毎月の返済額が高額になることもありますので、自分にあった返済方法を選んでください。