専業主婦でも借りられるカードローン

MENU

総量規制について

カードローンを検討するにあたっては、総量規制という法律について知っておく必要があります。
以前の賃金業界においては法外な金利設定などが横行し、消費者が経済的に困難な状況に陥らざるを得ないケースもありました。
そこで2010年に賃金業法が改正され、個人の支払い能力を超えるような融資は利用できないようになりました。
その結果、過剰になりつつあった個人向け融資を抑制することにつながったのです。

 

改正賃金業法の大きな特徴が総量規制

これは年収の3分の1以上の金額の融資は受けられないという法律です。
総量規制においては、カードローンの借り入れ分やクレジットカードによるキャッシング利用分すべてが合算されます。
クレジットカードでのショッピング利用分はこの中に含まれません。
総量規制の影響で年収が多くない方は、借り入れできる金額が大幅に減少してしまい厳しい状況になっています。
でも実はこの総量規制の対象となるのは、消費者金融・クレジット会社・信販会社・事業者金融といった貸金業者です。
つまり銀行ローンは総量規制の対象外となっているのです。

 

住宅ローン・自動車ローン・リフォームローンなどの銀行借り入れ分に関しては、総量規制にはカウントされません。
もちろん銀行系カードローンも総量規制対象外となりますので、年収の3分の1までという制限を気にせず借り入れを検討することができます。
消費者金融などは総量規制内だと大きな金額の借り入れは事実上困難ですから、銀行カードローンは強い味方になりますね。
さらに消費者金融のカードローンは、パートなどで一定の収入がない主婦の方の借り入れには配偶者の同意を必要としています。
しかし銀行カードローンは専業主婦の方が申し込む際にも、配偶者の同意を求めていません。
この場合限度額も低いものとなり、収入証明書の提出も不要です。
以上のように総量規制によってカードローンに違いが出てきます。
きちんと比較検討をして返済シミュレーションなどを行い、無理のない範囲で上手にキャッシングを活用しましょう。