MENU

家族や夫にバレずに借りることはできるか

カードローンでお金を借りたいけれど、身内には知られたくない。
そんな場合でも上手にカードローンを利用する方法はあります。
まず家族や夫にバレる可能性があるポイントを把握しておきましょう。
1つめは申込みの際の自宅へ電話です。
審査の段階で申込書の記載内容を確認するために、自宅や職場に電話連絡が入ることがあります。
いわゆる本人確認や在籍確認といわれる作業です。
ここで家族に電話口に出られてしまっては大変、と思いますが大丈夫です。
カードローン会社も申し込む側の状況については色々と考慮しているのです。いきいなり金融機関を名乗って「お金を貸す話ですが」とは電話をかけてきたりしません。
たいていの場合、申込者の知人を装うかたちで電話をかけてくるようです。
どうしても自分が電話を取りたいとか、できるだけ家族が不在の時間帯に連絡が欲しいということであれば、その旨を申込担当者に伝えておきましょう。
審査に通過できれば無事に借入れが可能になります。
家族にバレてしまうポイントの2つめは利用明細が送付されることです。
最近では郵送での取り扱いが減少しつつあり、そのかわりWEB明細というサービスが一般化してきています。
インターネット上でログインすると明細が見れるもので、月に一度の郵送にくらべて随時利用状況が確認できるメリットがあります。
このWEB明細を利用すれば、郵便物で借入れが知られてしまう心配はありません。
以上のポイントをおさえれば誰にも知られることなくお金を借りることも可能です。

ただ返済が滞ったりしたときには督促状が届いたり、場合によっては直接自宅に電話がかかることもありますので、十分注意が必要です。